Warning: MagpieRSS: Failed to parse RSS file. (mismatched tag at line 10, column 2) in /home/srtec120/public_html/magpierss/rss_fetch.inc on line 238

Warning: array_slice() expects parameter 1 to be array, null given in /home/srtec120/public_html/wp-content/themes/fixedPageContents.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/srtec120/public_html/wp-content/themes/fixedPageContents.php on line 28

盛大なお葬式から内輪で行う小さなお葬式へ


もっとも大きな変化は、葬儀の小規模化といえるでしょう。家族や親族のほか、とくに親交の深かった人だけに知らせて参列してもらうお葬式が増えています。
このように家族を中心に行うお葬式のことを、「家族葬」と呼んでいます。家族葬では故人をよく知る人だけが集まるため、
形式にとらわれず、ゆっくりと故人とのお別れができるのが特徴の1つです。

 これまでも、内々で行うお葬式として「密葬」がありましたが、密葬の場合は、日を改めて本葬を営むのが一般的で、
現代の家族葬とは意味合いが異なります。

2001年に東京都生活文化局が行った「葬儀にかかわる費用等調査」によると、家族の葬儀の規模については「お金はかかっても人並みに行いたい」(約4%)と答えた人より、
「親しい人とこじんまりと行いたい」(41%)という人のほうが多くなっています。
自分の葬儀にいたっては約59%の人が「親しい人とこぢんまりとしてほしい」と答えています。

「多少のお金はかかっても人並みにしてほしい」「お金をかけてでも立派にしてほしい」という人は合わせても13%に満たず、盛大な葬儀より、
故人とのお別れを重視する簡素な葬儀を望む傾向が強まっていることを示しています。

友人や知人は家族葬に参列できる?


「知り合いが亡くなって、家族葬を行うらしいが、参列するほうがいいのか、しないほう、かいいのか、迷ってしまう」
といった相談を受けることがあります。

 そのような場合は、遺族かう直接連絡がなければ、遺族の意向をくんで遠慮するのがマナーといえるでしょう。
故人とそれほど親しいわけでもないのに義理で参列したり、取り込み中に電話をかけて確認するようなことは避けたいものです。
葬儀が終わって落ち着いたころに、弔問に伺いたいことを伝え、了承を得てから訪問するとよいでしょう。

変化しつつある葬儀のあり方


これまで日本のお葬式は、「◎◎家の葬儀・告別式」として、代々信仰してきた仏教や神道などの宗教にのっとった形式で行われるのがほとんどでした。
また、立派な葬式ほどよいと考えられ、親族だけでなく、仕事の関係者や友人・知人、地域の人に広く知らせるのが一般的でした。
参列する側も、義理を重んじ、少しでも故人とかかわりがあれば駆けつけるのが礼儀とされていました。
こうした従来どおりの葬儀は現在も多くみられますが、都市部を中心に葬儀に対する考え方や葬儀のスタイルに変化が生まれています

新着記事

2012.03.19
【Beauty info.】「アクセーヌ」のスキンケア限定キット

 厳しい寒さが去り、待ちに待った春の訪れは、肌にとって油断できない季節の変わり目でもある。普段使っている化粧品で急に肌トラブルを起こしたり、何をしても逆効果になって悩

 »続きを読む

2012.03.19
天皇陛下、宮内庁病院で診察お受けに

 天皇陛下は19日午前、皇居内の宮内庁病院で診察を受けられた。心臓の冠動脈バイパス手術の合併症で生じた胸水の状態を調べたとみられる。

 »続きを読む